チャート表示されたすべての足情報をExcelファイルに自動書き込み(Workbookクラス使用)

チャートに表示された足情報を
直接Excelファイルに書き込んでくれるEasyLanguageコードのサンプルです。
「インジケーター」として作成し、チャートに挿入することで機能します。

前提条件

– お使いのパソコンにExcelがインストールされている必要があります。
– 実行前に以下のようなExcelファイルを作っておいてください。(場所はCドライブにフォルダ「test」を作ってその中に)

using elsystem;
using elsystem.office.excel;
    
Vars:
    Workbook oBook(NULL),
    intBarNum(0);

Once (LastBarOnChartEx) Begin
    oBook = Workbook.Create();
    oBook.FileName = "C:\test\Output.xlsx";
    oBook.Visible = False;    // Excelの起動を見えないようにする(TrueだとExcelが立ち上がる)
    oBook.SaveOnClose = True; // oBook.Closeした時に自動で上書き保存されるようにする
    oBook.Load = True;        // ここで実際にファイルが読み込まれる
    
    // 最終足から最初の足まで遡って各足の情報を取得
    For intBarNum = 0 to MaxBarsBack+CurrentBar-1 Begin
        oBook.Sheets[1].CellsAsInt   [1, 2+intBarNum] = Date[intBarNum];
        oBook.Sheets[1].CellsAsInt   [2, 2+intBarNum] = Time[intBarNum];
        oBook.Sheets[1].CellsAsDouble[3, 2+intBarNum] = Open[intBarNum];
        oBook.Sheets[1].CellsAsDouble[4, 2+intBarNum] = High[intBarNum];
        oBook.Sheets[1].CellsAsDouble[5, 2+intBarNum] = Low[intBarNum];
        oBook.Sheets[1].CellsAsDouble[6, 2+intBarNum] = Close[intBarNum];
        oBook.Sheets[1].CellsAsDouble[7, 2+intBarNum] = Volume[intBarNum];
    End;
    
    oBook.Close();
End;

注意点

– チャートの設定(銘柄/足種/期間)を変更すると、Excelファイルも上書きされますのでご注意ください。特に行数が減る場合は、前の情報が残ってしまうことがあります。

「株式投資 x IT」の
オンラインコミュニティに参加しませんか?

2019年5月頃から、トレステやEasyLanguageを中心とした株式投資に役立つ最新ツールやITスキルに関する情報が手に入るオンラインコミュニティを運営しています。

トレステやEasyLanguageの豊富な小ネタやサンプルコードが手に入り
チャットツール(Slack)でいつでもトレステやEasyLanguageの質問ができ
毎月開催している勉強会の収録動画がすべて視聴できて
トレステ以外にも株式投資に役立つ最新のツールやITスキルを学べる

オンライン動画講座
時系列分析用サンプルプログラム
OOELサンプルプログラム
Slackでいつでも質問可能

このように、「コンテンツ見放題」「チャット交流」という構成で、僕がが運営しているコミュニティになります。

最近トレステやEasyLanguageを始めたという方から、経験豊富な投資家・プログラマーの方まで、様々な人が集う場となっております。興味のある方はぜひ、ご参加ください。

トレードテック・オンラインの詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です