WebBrowserクラスを発見したので自作ブラウザをワークスペース上に表示させてみました

トレードステーションに初期搭載されているトレーディングアプリの中に「ブラウザ」があります。URLを入力するとそのページがワークスペース内で表示されるだけなので、正直これだけなら別でブラウザ開いていた方が良いです(笑)

しかし、オブジェクト指向EasyLanguageを調べてみると、WebBrowserクラスを発見しました。おそらく「ブラウザ」アプリもこれを使っているのだと思います。プロパティやメソッドやイベントも、.NET Frameworkと同じ感じですね。

以下、フォーム上のテキストボックスにURLを入力して「実行」ボタンを押すとページが表示される、単純なアプリです。(入力チェックや細かい例外処理は省いています)

フォーム設定

コントロール 名前
フォーム frmMain
テキストボックス txtUrl
ボタン btnButton
ブラウザ wbrMain

コード

using elsystem;

method void AnalysisTechnique_Initialized( elsystem.Object sender, elsystem.InitializedEventArgs args ) 
begin
	Try
		txtUrl.Text = "http://eltraders.hatenablog.com/";
		frmMain.Show();
		
	Catch (Exception ex)
		Print( "Error: ", string.format("{0} | {1}[StackTrace]{2}", ex.Source, ex.Message, ex.StackTrace) );
	End;
end;

method void btnRun_Click( elsystem.Object sender, elsystem.EventArgs args ) 
begin
	Try
		wbrMain.Navigate(txtUrl.Text.Trim());
		
	Catch (Exception ex)
		Print( "Error: ", string.format("{0} | {1}[StackTrace]{2}", ex.Source, ex.Message, ex.StackTrace) );
	End;
end;

動作イメージ

これだけだとあまりメリットが無さそうですが、WebBrowserクラスのプロパティ・メソッド・イベントを活用する事で・・

– ログインが必要なWebページへ自動ログインする
– 表示したWebページから情報を読み出す(Webスクレイピング)
– 自作した他アプリと外部Webページの連携

などもできる・・はず!

WebBrowserクラス、さらに詳しく調べてみようと思います。

「株式投資 x IT」の
オンラインコミュニティに参加しませんか?

2019年5月頃から、トレステやEasyLanguageを中心とした株式投資に役立つ最新ツールやITスキルに関する情報が手に入るオンラインコミュニティを運営しています。

トレステやEasyLanguageの豊富な小ネタやサンプルコードが手に入り
チャットツール(Slack)でいつでもトレステやEasyLanguageの質問ができ
毎月開催している勉強会の収録動画がすべて視聴できて
トレステ以外にも株式投資に役立つ最新のツールやITスキルを学べる

オンライン動画講座
時系列分析用サンプルプログラム
OOELサンプルプログラム
Slackでいつでも質問可能

このように、「コンテンツ見放題」「チャット交流」という構成で、僕がが運営しているコミュニティになります。

最近トレステやEasyLanguageを始めたという方から、経験豊富な投資家・プログラマーの方まで、様々な人が集う場となっております。興味のある方はぜひ、ご参加ください。

トレードテック・オンラインの詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です